できない理由を考えるのではなくできる方法を考えよう

BLOG

うーん、それは無理なんじゃないか。

仕事においても身のまわりにおいても、課題に直面すると難しいと感じることは割とある。
というよりも、間違いなく日常的に起こっている、事実。

そのような場面に直面したとき、すぐに「できない」と反射的に決めてしまって、後々になって後悔することが多いと思う。

実際に自分で数え切れないくらい体験してきたこともあるし、周りでも同じように後悔している人を多く見かける。

だからといって「あのときやればよかったじゃん」と言うのは不本意。言うのは簡単だけど、この時点ですでに遅いし、いまさら突っ込んだ話をするのもアドバイスにもならないし、フォローする理由も見当たらない。

仮にも苦し紛れのフォローを入れたとすると、こんな反応を示されるだろう。

「じゃあどうすればよかったんだ」

そう、それ。それなんだよ。

「できない」をいかにして「できる」に変えるのか、考えるプロセスが足りないんだと思う。

例を示すにはくだらなすぎるけど、僕はトマトが大の苦手。本当にダメなんです。
ラタトゥイユ、パスタのトマトソース、トマトが入ったスープは食べられる。生のトマトの食感がダメなんです。

そしたら、どうやったら僕が生のトマト食べられるのか?自分なりに分解してみる。

・トマトを加工しているものは食べられる
・生のトマトの中の種の部分の食感がダメ
・でも、結局は食べられる

という感じで、問題を分解できる。

これをもとに、「どうやったら生のトマトを食べられるのか」を分解した情報をもとにアイデアを考える。

・生のトマトの種の割合が少なく感じるようにトマトを 1〜2mmぐらいスライスする
・サイコロ状にカットして、レタスなど割合的に多めのトッピングで誤魔化す
・生のトマトの種をくり抜いて捨てる

といった具合に、アレルギーじゃない限り、解決方法はいくらでもある。
さすがに、3つめの捨てるというのは、もったいなさすぎるのでやらないが…。

本当にこれだけでも、僕は食べられるようになる。
なかなか面倒くさい奴だなあ、付き合ってられないなあとあなたが感じるのは間違いなく正しい。

しかし、これだけでは僕は実践しないし、食べたいとは思いません。本当に面倒くさい人間だなあ…。

理由は「手間がかかる」ことなんです。

今度は「できない」ではなく「手間がかかる」という問題にフォーカスしました。
どうしたら「手間がかかる」という問題を解決するのか?それはこれからも考えていこうと思う。

トマトの話題が多すぎたので、話を戻そう(戻す地点を見失ってしまった)。

多くの人が「できない」と諦めていることは「どうしたらできるのか」と問題をプロセスにして分解することで「できる」に変えられることは実はたくさんあると信じているのです。

「新規サービスをつくりたいんだけど法律が許さない」「これじゃ技術的には無理だよね」「これはルールで決めているからそれは…」「なんとなく無理じゃない?」と言うことがあれば、その前に「どうやったらできるのか?」「こうすればできるかも」とプラスな考えをも添えてみると、あっという間に解決するかもしれない。

もし、他の人が「できない」と言っているのを、あなたが聞いたら「じゃあ、どうすればできると思う?」と聞いてみるといいかもしれない。
もしかしたら、すぐ解決するのかもしれない。

クラウドファンディングも同じことが言えるのかもしれないし、すべてに共通して言えることかもしれない。
あらためてそのような「気づき」があると、本当に面白いなあと思う。

先日、会社で社長が振る舞ってくれた2,500円もする恵方巻きをありがたくいただいたのですが、ウニが入っていたらしく(僕は身体がウニを受け付けない体質)そのあと体調崩してトイレに駆け込んだ。2,500円でトイレに駆け込むとは贅沢すぎるのですが、そこはごめんなさい。

ウニについて、問題を分解しようか。